スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

工具のメンテナンス

時々、工具のメンテナンスをすることがあります


これは木ウェッジまたは棒ウェッジと呼ばれるもので
アップライトの高音域のみに使います

  20100313205533.jpg


高音域はハンマーとダンパーが近いので、これがないと調律が出来ないのですが
肝心の周りの鹿皮が 段々磨耗して擦り切れてしまうんです
まあ、一生懸命仕事をした 証なんですけどもねっ

  20100116210645.jpg

でもこうなると音が止まらないので、鹿皮を張り直します


専用の細いものが売っているので張り替えるのは、そんなに難しいことではありませんが

  20100116211012.jpg


よ~く見るとわかるように 先が二股に分かれているので
その細い隙間にも 鹿皮を押し込むようにピッタリ貼らないといけません
それがちょっと面倒で 数本たまったらやることにしています

   20100116223811.jpg

あんまりためすぎると 予備がなくなってドキドキしちゃうんですけども




実際はこんなふうに使うんですよ~!

   20100309102302.jpg

 これで しばらくは安心して調律できます




スポンサーサイト
調律あれこれ | コメント(6) | トラックバック(1) | 2010/03/13 21:28

初めての野外コンサートで

確か学校に勤め始めて、最初の年か次の年くらいのことです。
夏休みに地元の楽器店から、コンサートの調律依頼がありました。
休日の調律の仕事は認められていましたので、お引き受けしたのですが、

それがなんと!野外コンサートなのです。しかも、その当時TVに出演されている方々ばかり!

多分、町おこしのイベントだったと記憶していますが、
今考えても、よくこの小さい町で、あれだけのアーティストを集めたな~と思います。
.
私は準備中の舞台の裏で、あわただしい雰囲気の中
いつもよりピアノにへばりつくような姿勢で調律しておりまして・・・

ふと気づくと一人の男性が立っていました。なんと、バブルガム・ブラザーズのトムさんです。
会釈をすると、おもむろにこうおっしゃいました。「ちょっと、やらせてくれる?」  「えっ!?

あまりに予想外の言葉に固まりました。だって、数時間後には、コンサートが始まるのに
弦でも切れたら大変なことになりますorz

でも、その自信たっぷりのお顔に、当時20歳そこそこのうら若き乙女でありました私は、
お断りすることが出来ず工具を渡しました。

そうしたら、本当に調律を始められたのですが、どう見ても慣れてる!しかも上手!ピアノ
何で?どうして?調律が趣味?と不思議な思いで見つめていましたら、1・2本合わせた後に

「コンサートの時、高音のオクターブは広くとった方がいいよ!」
というような事を言ってニッコリされ、工具を返してくれました。

「??オクターブを広く???」 びっくり

この広くとるという表現は、調律師でなければ、あまり使わないと思うのです。

「あの、調律されたこと、あるんですか?」とやっとの思いで声をかけましたら

うん、現役~!」と後ろ向きのままカッコよく手を振って、去って行かれました。

現役??? あっけにとられた私は、2~3分立ち尽くしてた記憶がありますふるーつ☆Cultivation・笑(小)

その後知った事ですが、大手楽器店の調律養成所のご出身だそうです。
今はもうお忙しくて、さすがに現役ではないかもしれませんね。

それにしても、なんの面識もない私にまで、アドバイスしてくださるなんて、おやさしい方です~笑顔にっこり眉なし
今もテレビでお見かけすると、ちょっと心が温かくなりますheart



ところで、その野外コンサートですが、その後二度と開催されることはありませんでした・・・嫌い




調律あれこれ | コメント(2) | トラックバック(0) | 2009/05/31 17:55

就職して

調律学校をめでたく卒業した私は、地元の楽器店ピアノに就職しました。

まだ開店したばかりで、社長・副社長・私の3人だけの会社です。
調律ができるのは、私だけですが新しいお店ですので、それほど調律の依頼もありません。

社長達は毎日営業で忙しく、私の仕事は、もっぱらお店番でした。
時折調律に出る以外は、店内の調律をしたり、ピアノを弾いたり
楽譜の販売をしたりと、本当~にのんびり楽しく過ごしていました音符

でも学校時代を思い出し、時々不安になりました。
あんなに毎日調律に励んでいたのに、こんなことでいいのだろうか?
技術の腕が落ちてしまわないか?orz
このまま年頃になって結婚して、なんとなく仕事を続けていくのだろうか?
でも、それも幸せかも・・・ふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート



そんなある冬の日、母校へ遊びに行った私は人生の転機となる話を聞きます。

「去年から女子の入学希望者が大変増えているので、女性の先生を2人募集するから、
良かったら試験を受けてみないか?すごく勉強になると思うよ」
もちろん即答しました。「受けます!」fight

楽器店の方も「もっと勉強したいなら」、とすんなり話はまとまり

その春から、先輩の女性とともに学校に勤めることになりました。
まさか私だけが主のようになって、8年も居ることになるとも知らず・・・笑汗とか






調律あれこれ | コメント(2) | トラックバック(0) | 2009/05/21 22:19

結構、力仕事なんです

ピアノの弦は、1本弦(低い方の鍵盤)の部分と
                         NEC_0256_convert_20090501151101.jpg

2本弦の部分と
                             
                           

3本弦の部分に分かれています  (この枠で1つの音です)                                
                            snap_pianoririka_200955154128.jpg


3本弦があるのは、真ん中のドより少し下の音~最高音までです。
ここに張られている弦は真線(しんせん)と呼ばれてます。
ちなみに低音の方は銅を巻きつけてあるので銅線といいます。


この弦が張られているピンの部分(チューニングピン)をチューニングハンマー
という工具で少しずつ動かすのですが、1台におおよそ230本くらいあります。
1本あたり、おおよそ70~80Kgの張力が掛かっていますので
かなり力仕事ですファイト 集中力もとっても必要ですorz


先日お伺いしたお客様から
「今まで何人か女性の方にいらしていただいたけど、中には華奢な人もいて
 大変そうで心配した事もあったのよ。でも、あなたなら安心ね~にっこりふるーつ☆Cultivation・笑(小)」と

・・・それって、お誉めの言葉ですよねエエェッ!?!? ね?汗とか

ありがとうございま~すfight









調律あれこれ | コメント(2) | トラックバック(0) | 2009/05/01 12:05

調律学校に入学して!

学校説明会の日、調律の工具を渡されました。
中を開いてびっくり!!!
NEC_0238.jpg
 
ちなみにこれは、ほんの一部の工具なんですたはー


正直「なんじゃ、こりゃ~?」という感じでした。
見たこともない金属がいっぱいで・・・
ドライバーなんて何種類もあって・・・
そして、このカンナや刃物は何に使うのかエエェッ!?!?

調律=音を合わせる音符
と思っていた私は、本当にカルチャーショックでした。

そして程なく、調律師とは、
音を合わせるのはもちろんのこと、
修理もタッチを直すのも、弦を張るのも、おそうじするのも
ぜーんぶだということを知るのでした(遅)bikkuri01

これは、選ぶ道を間違えたか?と焦りました汗とか
なぜなら私は、自他ともに認める不器用ちゃんであり・・・
工作やお裁縫のような細かいことは、大の苦手。
繊細な作業をうまく出来るはずがありませんガーン

ところが、ところが~
ドライバーを握ったこともなかったのに、なんだかシックリくるんですキラキラ(オレンジ)
工具を使っての細かい作業も、あんまり苦にならず不思議でした。

更に驚くべきことに、担任が
「君、器用だね」と言ってくれたのです。
産まれてこの方、一度も言われたことがありませんでしたので、
冗談かと思い何度も聞きなおしましたが
「本当だって!」とにこにこして言われ、本当に嬉しかったです。♪

家に帰るなり、「私って実は器用らしいよ~」と母に報告した
記憶があります(笑)

それ以来、細かい作業に対するコンプレックスがなくなり、
修理などが好きになりました。
先生には、本当に感謝しています。

でも、器用に出来るのはお仕事に関することだけみたいです。
やっぱり、工作やお裁縫は苦手のまま・・・汗とか
ミシンも持っていない私は、相変わらずママ友達に大変お世話になっておりますorz








調律あれこれ | コメント(1) | トラックバック(0) | 2009/04/22 21:26
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。