スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

piano生誕300年!

イタリアのクリストーフォリがピアノ ピアノを発明したのは、1709年おんぷ1

ということで、今年はピアノ生誕300年です~jumee☆congratulation1花束


各地でいろいろなイベントがありますが、

私が入会している日本ピアノ調律師協会でも
明日の30日まで、池袋の芸術劇場で
『「祝ピアノ300年」そしてこれからも・・・』が開催されています。

クリストーフォリのレプリカや1800年代のピアノが復元されていたりして

ピアノの歴史の重みを感じます祝絵文字名を入力してください



スポンサーサイト
ピアノに関すること | コメント(2) | トラックバック(0) | 2009/08/29 11:32

BESTなピアノ曲

いきなりですが、
私が今までレッスンを受けた(数少ないレパートリーの)中で、好きなピアノ曲 BEST3はビックリ


第1位 リスト作曲   演奏会のための3つのエチュードより
              「ため息」


第2位 ベートーヴェン作曲   ピアノソナタ Op.53 
                    「ワルトシュタイン」 第1楽章

第3位 ショパン作曲  スケルツォ第2番


これはすべて、調律の専門学校時代に弾いていたものです。
当時、毎週レッスンがしっかりとありまして
先生方も音大の学生さんを教えるような方たちばかりでしたおんぷ1
学期ごとに試験もあったので、みんなわりと一生懸命練習していたように思います。


専科ではないので、自分で好きな曲を選んでよかったのですが、
それまで、ピアノを習ったりやめたりを繰り返していた私は、あまり曲を知らなかったのでorz
上手なお友達が弾いていた素敵な曲の中から気に入ったのを選んでました。

リストの「ため息」という曲は、本当にため息がでるほど、素敵な曲ですキラキラ
一度、男性ピアニストの演奏で聴く機会がありましたが、
私が練習したのと比べたら2倍くらいの速さで
同じ曲とは思えないほど、メチャクチャ素敵でしたドキドキ


「ワルトシュタイン」は、数あるベートーヴェンのピアノソナタの中の一曲ですが、
出だしから、すーごくカッコイイんですきらきら。とにかく最初から最後まで、男前な曲です!アップロードファイル


3位のスケルツォも、素敵な曲です。よく発表会などでも演奏されてますが
とても聴き栄えのする曲です。

もしも機会があったら、CD聴いてみてくださいね~。

どの曲も私にとっては、かなり無謀な選曲だったのですが、
自分が気に入っただけあって、この3曲だけは、今では考えられないほど練習しました。
懐かしい~ふるーつ☆Cultivation・笑(小)

最近、大人のお客様が増え、レッスンされているお話を聞くことが多くなり
皆さんにお勧めするだけでなく、私も少し練習しようかな、と思い始めた今日この頃です。

指の動きも暗譜も、本当に自信ないんですけど・・・
気長に頑張ってみようかな~思います♪


ピアノに関すること | コメント(1) | トラックバック(0) | 2009/08/25 01:44

来年までに

今回お伺いしたのは、飯田橋のお客様です。

昨年、初めてご依頼をいただきまして、二回目の訪問ですニコニコ

高校生の頃まで習われていたそうで、
ご結婚されて実家から新居に移動されたそうです。

ピアノはヤマハのU3Aです
NEC_0389_convert_20090824141627.jpg


とてもバランスのよい素敵な響きなので、
以前に、とてもよく練習されていたんだと思います音符

今もレッスンに通ってはいないそうですが、お時間のあるとき、よく弾かれるそうです。


「ピアノの演奏は、されないのですか?」とお客様からご質問をいただいたのですが
今、満足に弾ける曲がなくて汗あせ
でも私も少し練習しなければ、と常々思っていたところでして


「では、来年までに練習しておきます!」
とお答えしちゃいました汗とか・・・頑張りますドキドキ


お仕事日記 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2009/08/24 14:14

素敵な音が復活

昨日お伺いしたのは、ブログを通してお申込いただいた、目白のお客様です。

広いリビングの一角に、グランドピアノが置かれていまして

まだ購入されてから、15~6年の新品に近いものなので、とてもキレイですふるーつ☆Cultivation・ピカピカ青

       NEC_0386_convert_20090817161514.jpg


しばらく、お使いにならなかったそうですが
またレッスンを始められたので調律をご依頼いただきました♪

さすがに狂いが大きかったのですがorz、音に伸びがあって調律もしやすく
楽しい作業でした絵文字名を入力してください
3回ほど調律しましたので、音もだいぶ落ち着いたと思います。


とっても素敵な音のピアノなので、ぜひ、たくさん弾いてくださいね~♪



お仕事日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/08/17 16:13

ファイリングという作業

もう、夏休みも後半ですね。

先日はフレンジ修理の取り付けに行って来ましたおんぷ1


以前アップしたフレンジ修理ですが、
お預かりしている間に、一緒にファイリングという作業もしています。

弦を打つ、ハンマーといわれるフェルトの部分は、圧縮した羊毛を木に巻きつけてあります。

何年も弾いていますと、このようにクッキリと弦の跡がつきます汗とか

NEC_0379_convert_20090815204340.jpg

とってもよく演奏されてキラキラ、弦とハンマーのフェルトが馴染んだ証拠なのですが、たはー

あまり溝が深すぎますと、「ポーン」という音ではなくて
「ベーン」に近い感じの音になります。
お好みにもよりますが、ちょっと硬くて耳に心地よくないと思います嫌い


それで、長い年月弾いている場合、このファイリングという作業が必要になります。

羊毛は何層にも重なっているので、このようにヤスリで削っていきます。
NEC_0380_convert_20090815204849.jpg


そして、弦の跡をほんの少し残し、可能な限り元の形になるように削ります。

ほら、溝がなくなりましたねjumee☆shootingstar2ニコニコ

NEC_0382_convert_20090815204920.jpg

これで、またずっと素敵な音で演奏できますね~♪

フレンジ修理




修理やタッチ(整調)のこと | コメント(2) | トラックバック(0) | 2009/08/15 20:15
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。