ブログでの嬉しい再会

今回は、大田区のお客様でした

昨年、調律のお知らせを差し上げたところアドレスを変更されて連絡がとれずにおりましたが

先日こちらのブログよりメールをいただきました! 本当にありがとうございます~


最近、お引越をされたそうで

更に駅の近くになった新築のお家にお伺いいたしました

まだ引越し後、間もないそうですが とてもキレイなお部屋で

荷造りの際には、思い出の工作なども写真に撮って保存し とても多くのものを処分したそうです

本当にモノって溜まる一方ですからね~  その決断も大事ですよね!



ピアノはヤマハのUX-1です

   20101023121619.jpg


自動演奏機が上に乗っているタイプなのですが
運送の際にその機械が作動しないことがわかり、今は はずしてしまったそうです

でも中の機能には全然問題なく

前回は9年ぶりの調律でしたが、今回 音も安定してよい響きになったと思います

ダンパーのペダルを踏んだ時、キシむ音が少し気になりましたが
そちらも潤滑材で直りました


新しい素敵なお部屋で また演奏を楽しんでくださいね~





お仕事日記 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2010/10/31 22:52

生涯の趣味

少し前のお話になりますが

2世帯住宅にお住まいのお客様よりご依頼がありました



「今は、誰も弾いていないのですが…」という奥様のお話を伺いましたら

実はこちらのピアノは、86歳のお義母様がずっとお使いになっていらしたそうです


残念ながら、今年に入ってお亡くなりになられたそうですが

直前まで、毎日欠かすことなく弾いていらしたそうなんです


少し脚が悪くなっていたそうですが、必ずピアノまで歩いていらっしゃり

「本当に感心するほど毎日毎日、きっちり30分弾いていたのよ~!」

と、奥様がにっこりしながらおっしゃいました



ピアノはWシリーズの木目のもので、購入されてから35年くらいでした

買い換えた2台めなのか、それともその頃レッスンを始められたのかは分かりませんが

とてもピアノが好きで、いつも楽しんでいらしたことは間違いありません


本当に一生涯続けられる趣味なんだなぁ~と感動してしまいました


私が調律しているのを お部屋のどこかで聴いていらっしゃるかも、と思いながら
心をこめて作業させていただきました




今回、なぜ調律をご依頼いただいたかといいますと

この度、お孫さん(お嬢さん)が誕生されて
いつでも弾けるようにお手入れをしておこうと思われたのだそうです

きっとお孫さんはピアノを大好きになるでしょうね!

そして曾おばあちゃまは、天からその様子を眺め、喜んでくださることでしょう



世代を越えてお使いいただけるのは、本当に嬉しいことです


お仕事日記 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2010/10/19 15:23

不思議なこと×2

今日は足立区にお伺いしました。
お客様のご自宅は大田区なのですが、ご実家のピアノを調律したいということで、
ご依頼いただきました

お父様が設計なさったというお宅は、別荘の気分が味わえるような
おしゃれだけど落ち着いていて とても素敵な空間のお部屋でした。


ピアノはカワイのNO.K48です。
30年ほど空いていましたので 音の方は半音くらい狂っていましたが
特に問題はなさそうです
  
  20101003123512.jpg


しか~し不思議なことが…

フタを開閉するとカシャという金属音がするというので 開けてみたら
ナント!全長1mはあろうかと思われる こんな長いものが~
  
  20101003131205.jpg


このような状態で置いてあったのです

  20101003131140.jpg


お客様も長いことピアノを弾いていらっしゃらないし 全く心当たりがないそうで

でもこの位置だとピアノの屋根をわざわざ空けて入れるしか方法はないと思うのですが、
これだけ大きかったら難しいはず…

私の調律人生においても 初めてのことでして

誰がどんな理由で入れたのか? そもそも これは何なのか? 
お客様ともいろいろ想像しましたが 謎は深まるばかりです(笑)

でも幸いなことにアクションの部品に当たった形跡もなく、無事調律が終了しました


そして不思議な事がもう一つ

その日初めてお会いしたお客様だったのですが
なぜか、お会いした瞬間から とっても気楽にお話できて

ご自身もお仕事をされている方なのですが、
本当に前向きで明るくてナチュラルで 
周りの人を楽しく元気にさせるオーラに満ちているという感じで

作業が終わってお茶をいただく頃には、昔からのお友達の家に来ているような、
なんとも言えないくつろいだ気分になっていました!

帰り際にそのことをお話しましたら、喜んでくださって
またまた幸せな気分になりました

ご実家なので、なかなかお時間の調整が難しいと思いますが
ぜひ、いっぱい弾いてくださいませ~

次回、お伺いする日を楽しみにしております




お仕事日記 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2010/10/06 23:41
 | HOME |