その3

最後にご紹介するお宅は、以前ご依頼いただいたお客様のご実家です。

こちらのピアノはスピネット型の“イバッハ”というドイツ製のものです


とても歴史のあるピアノで、リストやワーグナーに愛されたというお話です


   F1000090.jpg


ヨーロッパにお住まいの時に購入されたものだそうです

私もグランドは見る機会がありますが、ご家庭用のはなかなか貴重だと思います


昨年の大震災の際に倒れてしまったそうなのですが
中の部品も損傷なく、外装も特に目立った傷はなく
本当に良かったですね~


かなり久しぶりの調律でしたが、明るいキラキラしたよい音になったと思います!


クリスマスなどのときには、数人いらっしゃるお孫さんたちが集まって
ミニ演奏会を開くとのこと

「良い音になったので、みんなの演奏が楽しみだわ」とおっしゃっていただきました



きっと素敵な演奏会になったことでしょうね





お仕事日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/12/30 21:07
コメント

管理者のみに表示